マーベル教室の
療育

マーベル教室では次の5つの観点から
お子さまの可能性を引き出し、
お子さま一人ひとりの笑顔に寄り添う
オーダーメイド療育をご提案します。​

「基本的生活 スキルの獲得」「運動・動作 能力の向上」「他社との関わりの形成 自己の理解と行動調整」「空間認知時間や数等の概念形成」「言語コミュニケーションの形成」

マーベル教室が行う療育

5つのポイント

  1. 手洗い中の手元写真

    基本的生活スキルの獲得

    • 様々な遊びを通して学ぶことができるよう環境を整えていきます。
    • 時間や空間をわかりやすく伝えていきます。
    • 食事・衣類の着脱等、基本的生活スキルの獲得ができるようにしていきます。
  2. バランスボールに立っている男の子とそれを支える女性の写真

    運動能力の向上

    • 体幹を鍛え、正しい姿勢で座れるようにします。
    • 切る、貼る、丸めるなど、指先を使った活動をします。
    • 遊びを通してお子さまが持っている運動能力を引き出していきます。
  3. 積み木で遊ぶ手元写真

    認知機能の発達を促す

    • 数、かたち、大きさの違いなどを伝えていきます。
    • 遊びの中でワーキングメモリーを高めていきます。
  4. 文字や動物・食べ物の書かれた積み木の写真

    コミュニケーション能力の向上

    • 動作に言葉を添えることで言語理解を促していきます。
    • 感じたこと、思ったことを言葉で伝えられるようにしていきます。
    • 相手の気持ちを理解できるようにしていきます。
  5. 椅子に座った男の子にもたれかかる、おもちゃを持った男の子の写真

    社会性を育てる

    • 安心できる環境を整え信頼関係を築いていきます。
    • 遊びや、やり取りの中で順番を守る、物の貸し借りなど相手を思いやる行動ができるようにしていきます。
    • 勝ち負けの嬉しさや悔しさを感じ、ルールを受け入れられるようにします。
    • 褒められる経験を積むことで頑張る気持ちを育てていきます。

マーベル教室が取り入れている

分析法とトレーニングについて

  • ABA(応用行動分析)

    何をきっかけにその行動が起こったかを観察することで困った行動が起きる前に対処できるようにしていきます。言葉が出ない、すぐにどこかに行ってしまう、気持ちの切り替えが難しいなど日常生活の困りごとを解決する方法の一つです。

  • SST(ソーシャルスキルトレーニング)

    ソーシャルスキルを高め、他者と上手にかかわるためのこつを身につけていきます。小学校入学に向けて新しい環境にスムースに馴染めるようにすることを目指します。

  • 感覚統合

    目や手・足などを実際に動かしてバランス感覚や運動感覚を鍛え、自分の体を上手に使えるようにしていきます。

  • NCプログラム(認知・言語促進プログラム)

    視覚操作・言語・記銘・文字・数・運動の6つの領域で発達を記録し、確認しながら支援をしていきます。